【東京の水トラブル修理】水漏れ修理費用の相場とは?

相場を知っておこう


素人では対処できない水漏れは業者に修理を依頼するのが一般的ですが、お金をかけたくない人が多いのではないでしょうか。
水回りは日常生活に欠かせない設備であるため、早期解決しなければ生活に支障をきたしますが、予想外の出費も家計に影響を与えるため、できるだけ自分で対処したいと思うものです。
しかし、素人では修理できないほど大規模な水漏れが発生している場合は、下手に手を出すとさらに状況が悪くなる可能性があります。
大規模な工事が必要になるとその分費用も高額になるため、軽度のうちに直してもらうことをお勧めします。
水漏れの修理費の相場は、5000円から2万ほどです。
相場に幅が生じるのは、原因や作業内容によって大きく変動するからです。
例えば、水道パッキンの交換で済む場合は5000円から1万、蛇口本体の交換となれば2万ほどかかります。
さらに、蛇口の本体価格もプラスされます。
見積もりを取ってみなければ正確な金額がわからないため、相場は参考程度に考えておきましょう。

簡単な作業であれば安く済む


作業費は5000円で抑えることができても、出張費がプラスされて1万程度に金額がアップすることも少なくありません。
修理業者によって出張費を無料に設定していることもあるため、お問い合わせ時に聞いてみるといいでしょう。
水漏れの原因が部品であれば、問題のある部品を交換するだけで済みますが、壁や床下にある部品を取り替えなければならない場合は大規模な工事となるため高額になる傾向にあります。
また、中には悪徳業者が存在します。
悪質なサービスを提供するだけでなく、作業内容に見合っていないお金を請求してくることも少なくありません。
修理後に高額請求されるなど金銭トラブルが起きないように、簡単な作業では済まないとわかった時は、必ず見積もりをお願いし、作業内容と金額に納得したら契約をしてください。
簡単な部品交換であれば出張費を含めても1万円以内で収まるため、相場を元に適正な価格かどうかを判断することが大切です。
トラブルが起きて慌てると正しい判断ができなくなることもあるため、事前に良心的な業者を探しておくのも一つの方法だと言えます。

水回りのトラブルなら、お気軽にお問い合わせ!最短15分で駆けつけます!

  • tel.0120-793-625