【東京の水トラブル修理】トイレのつまりの主な症状と対処法とは?

主な症状は4つ


トイレつまりを経験したことがない人も多いのではないでしょうか。
適切に使用していれば頻繁にトラブルが起きることはないでしょう。
経験していなければどのような症状が起きるのかわかりませんが、中には気がつかずに放置してしまう人も少なくありません。
放置は悪化させる原因となるため、どのような症状が起きるのかを知った上で早急に正しい対処法を実施することが大切です。
主な症状は4つあります。
一つは、流れが悪くなることです。
使用後にレバーやボタンを押すと排泄物とトイレットペーパーが水と一緒に排水口に流れていきますが、トラブルが起きるとスムーズに流れていきません。
流れが悪い時に疑うべき箇所は排水口の奥とタンクです。
排水口の奥は目で確認することができないため、まずはタンクを調べてみましょう。
節水のために水が入ったペットボトルを入れている、異物が挟まっている、取り付けられているパーツが故障している、などの問題があると流れが悪くなります。
不要なものは除去し、パーツが劣化していれば新しいものに取り替えてください。

業者に修理を依頼する必要がある時


水を流したら水位が上がってしまうといった症状もよく起きます。
これは、排水口や排水管がつまりを起こしている可能性が高いです。
時間が経つと正常な水位に戻る場合は比較的軽度ですが、全く引いていかない時は重症化している可能性が考えられます。
つまりが起きた原因が水に溶けるものだとわかっている場合は、放置し続けると自然と解消されたり素人でもスッポンや薬剤、お湯を使った対処法で解消できたりするでしょう。
しかし、水に溶けない異物が原因であれば重症化しやすく、素人では対処できないことが多いため業者に修理を依頼してください。
通常であれば便器内にはある程度の水が溜まっていますが、普段よりも少なく臭いがきついといった症状も排水口や排水管にトラブルが起きていたり通気不良が起きていたりする可能性があります。
素人ができる対処法には限界があるため、プロにお願いすると安心です。
他にもトイレからゴボゴボと

水回りのトラブルなら、お気軽にお問い合わせ!最短15分で駆けつけます!

  • tel.0120-793-625